Jリーグ2017 日本サッカーのすべてがここにある〜その2〜

11月5日。
プロ野球日本シリーズで福岡ソフトバンクが横浜DeNAを破り、
2年ぶりの日本一を成し遂げたその翌日。

Jリーグでは実力NO.1とサポーター力NO.1の
伝統の1戦が行われていました。

鹿島アントラーズVS浦和レッズ

昨年暮れに行われたサッカー版のクライマックスシリーズ
チャンピオンシップで
年間勝ち点3位だった鹿島が、勝ち点1位の浦和を破り、
Jリーグ史上最大の汚点を残す結果になったことが物議をかもしたことはまだ記憶に新しいでしょう。
(忘れてる人が多いでしょうか…)
その1で上げたインターネット配信のDAZNが高額なスポンサー料をJリーグに出してくれたことにより
収益目的しかなかったチャンピオンシップはわずか2年で廃止になり、
今年から1シーズン制に戻りました。
純粋に勝ち点を1番積み上げたチームがリーグ優勝となる制度に戻ったのです。

今年、鹿島アントラーズは序盤に出遅れ、
昨年、サッカークラブ世界一を決めるクラブW杯も指揮した石井前監督が途中解任されたにもかかわらず、
チームOBの大岩監督に交代後、成績急上昇、気がつけば勝ち点1位の67。他のチームの結果によっては18日にも優勝が決まります。
一方の浦和も、ユーゴスラビア人のペトロビッチ監督が
シーズン途中まで圧倒的な攻撃力を見せつけるも
守備が大きく崩壊。夏場に勝ち点を伸ばせず、5年半続いた長期政権が突如解任となり、
現在は日本人監督の堀氏が務めています。

浦和レッズが
2007年以来2度目のクラブW杯出場権を得るために戦っている、
アジアチャンピオンズリーグの決勝に進出したため、
当初11月18日に予定していた試合を唯一前倒しして実施された試合。

結果はというと…?

〜その3へ〜

行った先での幸せを考えるようにしたら意外な展開に!

今年の勤務先の忘年会は、勤務先の近辺ではなく、離れた都心での開催になりました。遠いため、開催地の発表があった際、「え〜、遠くない?めんどくさい」などとブーイングの声が。。私も7,8年前までは同じことを言っていたと思います。派遣社員での生活が五年ほど続き、毎日巡るめく現場が変わる日々を過ごした私は考えが変わり、「きっと行った先に幸運なことがあるさ」という気持ちで過ごすようになりました。派遣先というのは何かしら問題を抱える現場が多く、職員の募集をかけても応募がないような粗悪な現場が八割を占めていました。派遣での生活が始まった頃は、毎朝の通勤が楽しいものではなく、仕方がないから行くといったスタイルでした。毎日に楽しさがないものかを考えたところ、自分の意志で行く所でない場合、何かの導きによるものではないか?と考えました。ですから、忘年会の今のシーズンで仕方がないから行くのではなく、導かれてそこに行くと考えるのです。導かれた先の幸運?例えば、行った先で宝くじを買ったりするのです。これが当たったら、「遠いしめんどくさい」などと言っていた自分ではなく、「いや〜、当たっちゃった!ありがとさん」という自分になります。単なる遠くに行かされるという現実に文句を言っていた自分、暗くなった自分が恥ずかしくなるはずです。ポジティブな気持ちを保つために、自分にとって「面倒くさいな」という事例に直面した際にこのような考えを持ったら、とても明るく生きられるようになりました。さて今年の忘年会は神楽坂でした。初めて行く地ですが、さっそく宝くじ売り場を探してみると「ない!」。しかし、魅力的なお店が立ち並んでいる為、散歩して眺めるのも気分が良くなってきました。少し歩くと「毘沙門天」の看板を見つけました。「オッ、上杉謙信か?」と興味が湧き、敷地に入ると善國寺というお寺でした。神仏にうとい私ですが、お参りはするのは好きです。そして、いつか本として読みたかった上杉謙信の信仰した毘沙門天。これは縁があるのかも知れないと思い、さっそく手を合わせに行きました。私としては宝くじを買いたかったのに、それに匹敵するくらいの善國寺との出会い。忘年会は適当に楽しみ、帰宅して善國寺について調べてみました。山の手七福神巡りというものがあり、7か所の印を押してもらうことができるようです。「これは面白い!いつか行ってみたい」とワクワクする将来の夢がまた一つ増えた気がしました。気の持ちよう、事例に対する構えを少し変えることで、人生はいかようにも楽しめますね。http://www.kukoo.co/

ちょっと出入り口付近が寒くて気になってしまった

先日、友だちとカフェでゆっくりとコーヒーを飲みながら話していたのですが、ちょっと店内が寒い気がしたんですよね。
場所は個人的によく使っているお店で、店内も広く、満席でもそれほど待たされないので気に入っています。
席が多いのでそれだけお客さんの数も多く、店内はガヤガヤしている感じはするのですが、逆に話していても、自分たちの声が気にならないところも良かったりします。
この前は、初めてお店の入り口近くの席に案内されたのですが、やはり場所が良くなかったようです。
たくさんの人が出たり入ったりするので、その都度自動ドアが開き、その冷たい空気がお店の中に入ってきてしまうんですよね。
店内の空調は、奥の方にいるとのぼせるくらいに暖かいのですが、どう頑張っても入り口付近まで温めるにはパワー不足なのでしょう。
ドアが開くたびにうっすらと足元を冷やす空気が、ちょっと気になってしまいまhした。
店内も混んでいたので、「寒いので席を変えてください」とも言いづらかったのですが、出来れば案内する前に一言言ってくれたらなと感じます。
「入り口付近で、少し寒いかもしれませんが」と言ってくれれば、どうするかお客さんに委ねることもできるのではないでしょうか。

ガチャガチャは、いくつになっても楽しいです。

子供とショッピングモールに行くとたくさんのガチャガチャが並んでいて、つい買ってしまいます。最近は、300円ガチャや400円ガチャも登場していて少し高いなーと感じます。200円のガチャガチャを中心にやっていますが、お目当ての商品が1回で出ることは本当に少ないです。どうしても欲しくて何回もやったことがありますが8回?10回ぐらい回しました。子供が欲しがるときりがないので自分のお小遣い以外では、1回だけしか買わないことにしています。でも私もガチャガチャ大好きで懐かしい商品だとつい何回も回してしまいます。子供は、プリキュアやここたまのガチャガチャが好きです。私は、魔法少女系の昔のアニメのものだとついかわいくて買ってしまいます。いろいろ使っているとあっというまにお金がなくなるのでショッピングモールに行くときは、本当に気をつけるようにしています。でも本当にガチャガチャは昔も今も楽しいものですね。人気があるのがわかります。ミュゼ カウンセリング

腕がパンパンになって少しつらくなってきました。

最近夜中に息子が寝てくれなくて、何時間も抱っこしているので、右腕が死にそうになって着ました。
私は右に頭が来るように抱っこしているのですが、右が腱鞘炎なんかになってしまうと、ご飯も食べられないですし、まずいですよね。
かと言って、左が頭にくるように抱っこするのは怖いなと思います。
普通、右利きの人は左が頭にくるように抱っこする人が多いようですが、私は逆みたいで。
右腕の方が力には自信があったのですが、さすがに毎日となると、本当に辛いものなのですね。
これからもっともっと重たくなってくると思うと、大丈夫なのかなと心配です。
とは言っても抱っこしないわけにいかないので、休める時に腕と体を休ませて、しっかり抱っこしてあげなければと思います。
昼夜逆転の生活になってしまっていて、息子はお昼にたくさん寝て、夜中に起きてしまっているので、それも直さなければいけませんし、本当に大変なものですね。
育児はもう少し楽だと思ってたこともないのですが、やっぱり大変だなということを痛感しています。

父は私の事は眼中に無くて祖母の介護をしても何も手伝ってくれなかった

私は17歳の時に祖母が足を骨折をして学校に通いながら自宅で介護をする事になりました。学生の頃から介護している人は周りには誰も居なくて父にも相談をしても「お前が介護をしてくれ」としか言われなくて我慢する日々が続いていました。本当に辛くて何でこんな目に合うのかなと嘆いていた時もありました。父は私の事や祖母の事は無関心で仕事人間でした。食べさせて貰っているという感謝はありましたがそれ以外は憎しみの気持ちに変わっていきました。父も大変な環境の中で仕事をしていたとは思いますが自分一人でやっているという感じで介護位何だというような事を言われた時もありました。その時はこんな人父親じゃないと反抗する気持ちしかわきませんでした。ご苦労様の一言も言われた事がありませんでした。古い人間と言えばそういう話で終わってしまいますが、祖母にその事を話すと父親は昔から頑固で気持ちを打ち明けるような人では無かったと知りました。

休みでも休みにならない子供をもつてしまった場合

昨年からこどもがスポーツをはじめたことで、我が家のサイクルがこれまでとがらりと変わってしまいました。
土日祝日全くやすみではなくなり、長期休みもほぼ毎日練習になりました。休みと言えば、お盆と年末年始、どこに行くにもこみあうという、最悪な時期に重なってしまいます。
学校から帰宅して平日だともう五時になり、何もできません。平日にも練習があるため、家族の時間がなくなりました。もう何ヵ月もおじいちゃんにも会わせてあげられていません。
それが子供のしたいこととはいえ、他の友達がどこそこに旅行に行ったなどと聞くと、うちもどこかに行きたいなーなとと欲が出てきます。

ほんとに隙間なのですが、短縮授業期間などは家に子どもがいてくれてなんだかワクワクします。とはいえ、いつもの平日練習には出ていってしまうため、たった数時間ですが、下の子がさみしがってしょうがありません。

でも、はじめてしまったのだから辞められませんね。
つらいところです。

亀海のタフネスはまさにワールドクラスだと感じた

先日の世紀のお門違いな一戦メイウエザーVSマグレガー戦と同じ日に行われていたコットVS亀海のWBO・SW級王座決定戦はまさに4階級王者コットの完勝でした。
歴戦の勇者コットも36歳ともういい年だし亀海にもチャンスがあるのではという予想は完全に裏切られましたが、これまで亀海の試合をあまり見たことがなかった私としてはまさに彼のことを相当カン違いしていたことに気ずかされたような思いでした。
それにしても亀海のあまりのボクシングスキルの無さには唖然とさせられましたが、にもかかわらずそのタフネスは世界のトップと肩を並べられるレベルだとは思いました。
あれだけ最初から最後までコットのパンチを顔面に浴び続けながらも全くダメージは無いように思えましたし、最後までああも元気なのはなぜ?と試合を見ていた観衆も有る意味驚いていたように感じられました。
勝ったコットも、やつはタフだった、と言ってましたし、やはり彼のタフネスは世界レベルのように思えました。
コットは今年で引退予定なので、そうするとこのWBOの王座は空位となり来年には再び王座決定戦が行われるはずですから亀海にはまたチャンスが訪れそうです。

思いつきで創作お料理!楽しくおいしいレパートリー!

私はよく「創作料理」を作ります。
創作料理と言うと、なんだか難しそう、なんて言われることも私にはよくあるのですが、
実はとっても簡単で、アイディア次第でいくらでもレパートリーが増えるんです。

この間も、ふとした思いつきでドリアのアレンジが出来てしまいました。
ちょっと寒い日だったのですが、グラタンやドリアを作るには少しだけ材料が足りず…。
そこで、湯がいたレタスを耐熱皿に敷き、その上にケチャップご飯、そして焼いた一口サイズの鶏肉を乗せ、
塩コショウをかけ、チーズを乗せてピザソースをかけてオーブンで180℃、6分ほど焼いてみました。
これだけ短い文章にまとめられるほど簡単なのに、本当においしかったんです!

でも、この料理はなんて言うの?と言われると…「ど、ドリア風の…創作料理?」と言うしかなく…(笑)
こんな風に、何かを作りには何かが足りない!なんて時には発想力で勝負の私。

こんな感じのぐたぐたクッキングでも、結構子どもにも人気です(笑)

私たちがいろいろなものから自由になれない理由

少し貯金をしようと思っても、なかなか自分の思い描く通りにはお金は貯まらないものです。
毎日毎日少しずつ節約をして、どうにかまとまったお金を作っても、結局のところ、何かしらに消費してしまいますよね。
お金は使わなければ価値がないものなのですが、結局のところ、貯金とは後々の消費のために蓄えているに過ぎません。
部屋の片付けをしたり、要らなくなったものを捨てて整理しても、数ヵ月後にはまた同じことをしていたりすると思います。
でも、それは、きっと片付け方が悪いだとか、収納スペースが少ないだとか、そういう問題ではないでしょう。
人は生活していれば自然と物が増えるし、新しいものが増えれば、古いものが不要になるからなのです。
なんだかんだで頭を悩ませるものは身の回りに多くあるが、そのほとんどは一時しのぎのような対処方法になっています。
例えば収入が増えるようにしようとか、使うお金を少なくしようだとか、ものを買わないようにしようとか、そういう根本の解決は考えていないことが多いのではないでしょうか。
私たちがいろいろなことから自由になれないのには、そういう理由というのがあるのではないかと思ったりします。ヒゲ脱毛女性