腕がパンパンになって少しつらくなってきました。

最近夜中に息子が寝てくれなくて、何時間も抱っこしているので、右腕が死にそうになって着ました。
私は右に頭が来るように抱っこしているのですが、右が腱鞘炎なんかになってしまうと、ご飯も食べられないですし、まずいですよね。
かと言って、左が頭にくるように抱っこするのは怖いなと思います。
普通、右利きの人は左が頭にくるように抱っこする人が多いようですが、私は逆みたいで。
右腕の方が力には自信があったのですが、さすがに毎日となると、本当に辛いものなのですね。
これからもっともっと重たくなってくると思うと、大丈夫なのかなと心配です。
とは言っても抱っこしないわけにいかないので、休める時に腕と体を休ませて、しっかり抱っこしてあげなければと思います。
昼夜逆転の生活になってしまっていて、息子はお昼にたくさん寝て、夜中に起きてしまっているので、それも直さなければいけませんし、本当に大変なものですね。
育児はもう少し楽だと思ってたこともないのですが、やっぱり大変だなということを痛感しています。

父は私の事は眼中に無くて祖母の介護をしても何も手伝ってくれなかった

私は17歳の時に祖母が足を骨折をして学校に通いながら自宅で介護をする事になりました。学生の頃から介護している人は周りには誰も居なくて父にも相談をしても「お前が介護をしてくれ」としか言われなくて我慢する日々が続いていました。本当に辛くて何でこんな目に合うのかなと嘆いていた時もありました。父は私の事や祖母の事は無関心で仕事人間でした。食べさせて貰っているという感謝はありましたがそれ以外は憎しみの気持ちに変わっていきました。父も大変な環境の中で仕事をしていたとは思いますが自分一人でやっているという感じで介護位何だというような事を言われた時もありました。その時はこんな人父親じゃないと反抗する気持ちしかわきませんでした。ご苦労様の一言も言われた事がありませんでした。古い人間と言えばそういう話で終わってしまいますが、祖母にその事を話すと父親は昔から頑固で気持ちを打ち明けるような人では無かったと知りました。