ロミオとジュリエット的な終焉というのは男としては納得いかない

ロミオとジュリエット、あのシチュエーションを喜ぶのはやっぱり女性だと思うのだが古くはウェストサイド物語とかタイタニックだとかアニメでいえばバジリスクだとかいろいろあるわけで、結局女性のために男性が死ななきゃいけないというのがキーになっているのか、それとも近松門左衛門ばりの心中ものに近いのかわからないが、古くから存在しているわけだ。
さきほど上げた中で、ウエストサイド物語の場合はトニーというマリアという女性を好きになった男性が死んで、マリアは生き残るといった感じのほうが男の自分としては好きだ。どうしても一緒に死んでいくというシチュエーションというのは考えにくいし物語として溶け込みにくいわけだ。
そういえば、バジリスクは主役たちの先代は愛しているの一緒に戦って死んでいくという悲劇で、主役たちの死に方は…うーんどちらも予想はついて面白みのない最期である。もちろんアニメの中身として面白いんだけどこの終わり方しかないのかなと考える。即日融資 5万円